MENU CLOSE

園のこだわり

ある日の一時保育

2022/05/18

数ヶ月お休みしていた一時保育が再開しました。今年度より一時保育の担当となった私にとって、初日の親子が来園されました。そのお子さんAくんはこれまでも週1回程利用されていましたが、前回の利用は1月。久しぶりの登園で、1歳のお誕生日を迎えたところでした。
お預かりした時間は、園児たちがお昼寝中。静まりかえったフロアの1角のお部屋に連れて行くと、Aくんは大きな声で泣き始めました。すぐさま部屋を出て階段の踊り場へ避難!もう一人の担当がおんぶ紐を持ってきてAくんを抱っこすると落ち着いてきて、部屋に戻り、おろしてみると遊び出しました。その先生は会議があるため行ってしまい、私とAくんの1対1になりました。Aくんが機嫌よく過ごせるようにと、たくさん話しかけて一緒に遊び、こんなオモチャもあるよと見せては気を引き・・・1時間を過ぎると、時折ヒクヒクと泣き出しそうな表情になってきました。
おやつの赤ちゃんせんべいが届きました。別の先生が「食べる?」と見せると、しっかりと握りました。早速おやつの用意をすると、私の膝上に座り、サクサクと食べ始めます。先程の不安げな表情はどこへやら。途中で声を上げて笑い出しました。見ると、お昼寝から起きた幼児の女の子が部屋の扉の丸い穴から顔を覗かせています。それに反応してAくんは笑ったのでした!おせんべいを4枚食べ終えて満足げなAくん。お姉さんのいる扉へハイハイで向かっていくと、扉前で立ち上がりました。お姉さんが扉越しに手を伸ばすと、Aくんも手を伸ばし、お姉さんの指を握りました。子ども同士というのはこんなにもすぐに打ち解けられるのかと改めて感じました。
お昼寝から起きた子ども達でフロアは賑やかになりました。Aくんに気づいた子達が部屋を覗きに来ます。お腹も満たされ、周りの賑やかさの中で安心したのか、Aくんはスイッチが入ったように私から離れて部屋を探索し、遊び出しました。
登園から3時間。お父さんを笑顔で迎えたAくんに、ほっとする私。一時保育を予約された方の理由の中に、人と関わりを持たせたいというものもありました。一時的な保育ですが、来てくれた子にとって大切なものが育まれる時間であればよいなと思います。
保育士N.W.

お友だちから学ぶこと

2022/05/11

新しい生活が始まり1ヶ月が経ちました。
子どもたちも少しずつ新しい環境にも慣れ、好きな遊びを見つけたり、新しいお友だちと遊んだりと笑顔で過ごしています。

園庭で大好きな三輪車で遊びはじめた3歳児のAくん。いつも乗り始めると、「貸して」とお友だちが来ても、「ちょっと待っててね!!」と楽しくてなかなか貸してあげる事が出来ずにいました。
その日も嬉しそうに三輪車に乗り、園庭をぐるぐると周り楽しんでいました。
他のお友だちも三輪車に乗り遊んでいる中、4歳のBちゃんが順番を待っているCくんを見つけました。すると「あと一回周ってくるから待っててね。」と声をかけ、もう一周三輪車を走らせ戻ってくると「Cくんいいよ〜」と三輪車を貸してあげました。Cくんも「ありがとう」と言って嬉しそうに三輪車にまたがり走り出しました。
Aくんは並んでいるお友だちを見ますが、そのまま乗って通り過ぎていきました。
その後も順番を待っているお友だちが沢山いた為、他のお友だちは「はい!いいよ〜!」と貸し借りをしながら楽しんでいました。
何周か周っている間にAくんもそのお友だちの様子をジッと見つめる様子がありました。

そんな中Dくんが中々貸してもらえず「貸して欲しいなぁ〜」と言って待っていました。
するとAくんが、「一回周ってくるから待っててね!!」と声をかけ、ぐるっと周ってくると「どうぞ」と三輪車をDくんに貸してあげていました。
「ありがとう」と言われるとAくんもちょっと恥ずかしそうにしながらもニコッと笑っていました。
その後Dくんが一周乗るとAくんに貸してあげ順番に乗って楽しむ姿がありました。

貸し借りの際など、大人が入って解決する事は簡単です。ですが、今まで貸してもらう事はあっても、貸してあげる事は出来なかったAくんが、お友だちの貸し借りの様子を見て自分なりに考えて貸してあげようと考えた!この経験が今後色々な場面でも考えて行動できるようになる一歩になるのではと感じます。

のびのびと過ごす中で、色々な経験をし自分なりに考えて行動できる子どもたちになって欲しいな!と思いながら見守っています。

保育士M.Y

食べ物の好き嫌い

2022/05/04

園では給食で使う野菜に触れる機会を増やしています。この日はスープに入れるキャベツを3~5歳の子どもたちにちぎってもらいました。旬の春キャベツは葉がとても柔らかいので簡単にちぎれてしまいます。「小さいクラスの子たちも食べるから、食べやすいようにちいさくしてあげようね」と声を掛けると、弟のいるAくんは「(弟の)お口はこのくらいだよ」と言って丁度いい大きさにキャベツの葉をちぎっていきます。Bくんは「こんなにかたいと食べられないね」と言ってキャベツの芯まで小さくしようと頑張ってくれました。

夢中になってちぎっているなかで「実は私キャベツ好きじゃない」という子がいました。好きじゃなくてもお手伝いはしたい!という気持ちが大きいようです。どうして嫌いなのか尋ねてみると「噛むとキュってするのがやだ」と言っていました。歯ごたえが嫌なのかな?と思ったので「スープのキャベツはとろとろにやわらかくなってるから、きっとキュってならないと思うよ」と伝えると「大丈夫そうだったら食べる」とのことでした(笑)

食べ物の好き嫌いは本当に人それぞれです。先日のZOOM懇親会や、お家の方とお話をする機会に「○○が嫌いで食べてくれない」というお話をよく聞きます。カレーが嫌いな子、お肉が嫌いな子、牛乳が嫌いな子……嫌いなものも理由も様々です。お家の方からすれば「栄養が足りていないんじゃないか?」と不安になりますよね。本当に何も食べないというのであれば対策は必要ですが、にんじんはダメだけどかぼちゃは食べる、等似たようなもので食べられるものがあればいいかな、と気楽に考えてみても良いのかもしれません。

保育園では嫌いな物に対して無理強いする事はありません。子ども自身が自分の食べられる(完食できる)量を考えて、給食の量を決めています。その中でいつの日か「今日は食べてみようかな」と苦手な物にチャレンジする気持ちが芽生えることを期待して、毎日子どもたちの苦手な野菜も給食に出し続けています(笑)

今は苦手な食べ物も、楽しい食体験や思い出によって大好きな食べ物に変わっていくといいなあと思います。

栄養士 S.O

 

 

 

 

園のこだわり 園からのこだわりの発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?